BTSジェイホープvsゴードン·ラムゼイ『サンドイッチレシピ対決』米バズフィード動画が話題。

FavoriteLoadingお気に入り追加

 

BTS『j-hope』(ジェイホープ)とスターシェフの『Gordon Ramsay』(ゴードン·ラムゼイ)のレシピ対決が繰り広げられ、世界中のファンの目を引いた。

米国のニュースやエンターテインメントウェブサイト『バズフィード』は24日、公式ユーチューブチャンネルの固定コーナー『セレブリティ·レシピ·ロワイヤル』にゴードン·ラムゼイとジェイホープを登場させた。

 

2人がかつて公開した朝のサンドイッチレシピ通り、専門シェフが料理をした後、普段からサンドイッチを好む試食団を通じてベストレシピを選んだ。

 

ジェイホープのレシピは2019年Vlogで公開した別名『希望トースト』のレシピで、バター、ブルーベリージャム、エッグスクランブル、ベーコンなどが使われた。 シェフはスクランブルエッグが使われたことを挙げ、『最も魅力的なBTSメンバーのゴールデントースト』と紹介した。

 

 

ゴードン·ラムゼイのレシピは『ケイジャンスタイルサンドイッチ』で、クロワッサン、タッソハム、カナダベーコン、卵、トマト、レタス、チーズなどにマヨネーズ、ホットソース、レモンなどで作ったソースを添えたものだった。

ゴードン·ラムゼイはイギリス出身で、レストランの星占いガイドブック『ミシュランスター』を最高16個まで保有したことのある最高クラスのシェフだ。

 

イギリスに続きアメリカでも制作されているサバイバル料理コンテスト『ヘルスキッチン』の司会者として有名だ。

3人の試食団は、二つのサンドイッチを味わった後、より好きなレシピを選んだが、ジェイホープのレシピが2人から選ばれ、最高のサンドイッチに選ばれた。

 

 

試食団は『簡単に見えるが、味は驚くべき』 『幸せな味だ』『甘いジャムとベーコンがバランスをとった』『笑顔が自然に出る』『韓国で食べたストリートサンドイッチが思い浮かんだ』などの反応を見せた。

選択が終わった後、レシピの主人公が公開されると、試食団は驚いた様子だった。 皆、BTSを知っていて、愛情と応援のメッセージも忘れなかった。

 

映像を見たファンたちは『ジェイホープとゴードン·ラムゼイが厨房で実際に会ったらどうか』『ジェイホープは海外コンサートツアー期間にホテルの朝食メニューを利用して自分だけのレシピを作った』『私も食べてみた。 馴染みのない組み合わせだが本当に美味しかった』という書き込みを掲載し、熱い反応を見せている。

 

新曲『Butter』を発表したBTSは28日、米ABC放送『グッドモーニングアメリカ』の夏のコンサートシリーズに出演する。

 

 

チュ·ヨンジュン記者
写真=BTS公式ツイッター、バズフィードビデオユーチューブ

 

*韓国ニュースサイトの記事を翻訳




コメントを残す

CAPTCHA